アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

大阪拘置所に行ってきた~こうだ光輝~

2018年05月15日(火)

今日、生まれて初めて、都島区にある大阪拘置所と言うところに、ある人間に会うために面会に行ってきました。その子は10数年前に私がアルバイトとして雇った、田舎育ちの真面目で男気の強い人でした。当時20代でした。

現在、30代後半でした。
相変わらずのイケメンさは変わっていなかったけど、私が知っていた彼の目とは全く違いました。
ギラギラした野心もなく、どんよりと曇って…まるでそれは、土地から半分顔出している古びたビー玉みたいでした。
なぜこんなとこにいるのか?全く私は想像もつきませんがとにかくひと目見たかった。

まさかあの素直で礼儀正しい子が…

1ヵ月前に、入ったにもかかわらず、面会に来たのは母親が1回だけ。
今日の私でふたりめ。
お友達も多く、俗に言う「パリピ」
華やかなナイトライフを送っていたはずなのに。
「10何年ぶりに会うけどどうしたの?」
と私が聞くと、彼は
「お名前を聞いたとき、まさか社長だとは…」
とあっけにとられていました。
「何か欲しいものはないか?不自由はしてないか?」
と聞くと、始めはただただ、うつむいてました。
差し入れして欲しいものを聞いても、どうしていたのかを聞いても、彼はポツリと
「いや、だから社長が来てくれただけで、それだけでもう満足です。すみません」
と、うなずくばかりで辛かったです。
私で役に立つことがあればしてあげたいと言う気持ちと、今の私には守るべき真面目な社員たちスタッフたちに迷惑をかけられないと言う、冷徹にならざるを得ない立場との間で、どうしようもなく土を噛んだような、塩辛い気持ちになりました。
まだ30代!!これから彼は自分の足で立ち、しっかりと人生を上って生きる力を身に着けて言ってくれると確信したいところです。
今の彼にはそんな事は考えられない位ど真ん中の苦悩の泥沼にいるでしょうが…

私はそんな彼に私の大好きな偉人たちの名言を送りたいと思いました。

何事もゆきづまれば、
まず、自分のものの見方を変えることである。
案外、人は無意識の中にも
一つの見方にこだわり続けて、他の見方のあることを忘れがちである。

でもそれは解決の糸口のヒントを見逃しているのではないか?

好きな偉人の言葉です。
十五にして学び、三十にして立つ、四十にして惑わず(まどわず)、五十にして天命を知る。六十にして耳したがう。

つまり、私の解釈によると、15歳でいろんなことを学んで自分のしたいことを決める。
20歳で自分のしたいことを考え、それを学ぶ。挑戦する準備をする。
30歳にして、実行する。
40歳でこれまでにしてきた事をを悔やまず実践する。そしてそこを動かない勇気を持つ。
50歳で自分がなすべきこと、つまり天命を知り、より強固な

ものにする。
60歳になったら、今までの蓄積してきたキャリアを、後進に譲り、新しき風を受け入れていく人生を送る。

あなたは、10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代… .
何を成して来ましたか?またどう生きていきますか?私は現在60代。これまでの人生を振り返る日々が続いています。

ライタープロフィール

かんない太郎

かんない太郎

当サイトの管理人。根は真面目ですが裏では結構エロいことやってます。

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


女の子タイプのカテゴリ一覧

おすすめ優良店