アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

猟奇家族【202】/卯月恭一

2016年11月27日(日)

夢乃に似たAV女優が主演だった。

ryokikazoku_tvしかも、2人の男優を相手にペニスを交互にしゃぶっている。そのシーンを見ていると、無性に夢乃を思い出した。

 

ああ、夢乃……。今、どうしているのか。俺のことは忘れていないだろうか。夢乃は家出少女だった。うまい具合に俺のところに転がり込んできた。別に拉致したわけではない。俺たちは愛し合っていた。真純はそんなふうに思っている。

 

彼女を思い出せば思い出すほど、股間がうずいてくる。
ちくしょう。もう会えないのか。すべてはあの憎むべきフリーライターの野郎だ。絶対に始末をつけてやる。

 

そう思ったが、テレビの画面を見ていると、そんなことも忘れ、ただ興奮した。
ついに女優がハメられた。1人の男優をおしゃぶりし、後ろから貫かれている。

 

「うぐ、うぐぐ……」

 

AV女優はたいがい可愛い。目の目で喘いでいる女優も可愛かった。真純は勃起したペニスに手を当てた。
「あ~、ああ~~」
気持ちよさそうに女優が喘ぐ。そうや、もっと突け、突け!と心の中で叫んだ。

 

同時に真純はペニスをこすり始めた。快感が一気に高まってくる。夢乃とのセックスが甦ってくる。

 

弾力性に溢れたおっぱい、締まりのよかったおまんこ。すべて真純の理想だった。
ペニスがぎんぎんに硬直した。
快感が高まり、いよいよ爆発しそうだったが、真純は我慢した。
女優が体位を変えた。今度は正常位でやられている。たまらなかった。

 

真純は夢乃を想像しながら、強くペニスをこすった。痛いくらいだったが、やめられなかった。

 

いくぞ、いくぞ、真純は叫んでいた。
「あ~。あ~、イク、イク~!」
女優も叫んでいる。いよいよ限界が近づいてきた。

 

(つづく)

 

【執筆者プロフィール・卯月恭一】
エロスと猟奇殺人事件が脳に疼く犯罪系ライター。詐欺犯、覚せい剤犯、元殺人犯などと交流があるが、本人はいたってまじめな性格。飲み屋では風俗と変態話で盛り上がる。

 

ライタープロフィール

卯月恭一

卯月恭一

エロスと猟奇殺人事件が脳に疼く犯罪系ライター。詐欺犯、覚せい剤犯、元殺人犯などと交流があるが、本人はいたってまじめな性格。飲み屋では風俗と変態話で盛り上がる。

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店
その他おすすめ風俗店