アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

猟奇家族【200】/卯月恭一

2016年11月06日(日)

15・反撃

真純は夢乃を思い出し、自慰行為で発散した。その瞬間だけは我を忘れ、気持ちよかった。
そのあとで、夢乃との突然の別れは、すべてあのフリーライターの野郎が原因だと思った。俺の事件を徹底的に調べていやがる。実際、これ以上調べられたら、過去の事件が明るみになるかもしれない。週刊誌などに、スクープとして報道されるかもしれない。

 

考えれば、あの男はそれだけ取材力があり、優秀なのかもしなかった。そうなると、口を塞ぐしかないではないか。
そんな思いにかられ、真純は過去にもらった名刺を調べた。机の引き出しに無造作に名刺を置いていて、それをすべて取り出した。たいした数ではない。

 

あった!

 

「フリーライター 真田由紀夫」
住所を確認した。大阪市中央区のマンションになっている。事務所と自宅と一緒のようだ。

 

この男との出会いを真純は思い出していた。真純がパクられて拘置所にいるとき、「冤罪事件を調べています」とかなんとか言って、優しそうな雰囲気で接触してきた。だが、それは嘘だった。要は俺の事件を調べていて、その後、週刊誌にとんでもない記事を書きやがった。

 

つまり、俺はまんまとこいつに騙されたのだ。真純は名刺を見ながら、怒りが湧いてきた。

 

今度は俺がこいつを追いかける番だ。顔バレするとまずいから、変装し、調べてみよう。そのうえで、どうやって息の根を止めるかを考えよう。真純はめらめらと復讐に燃えてきた。

 

いてもたってもいられなくなり、真純はすぐに家を出た。今日は臨時休業や、そう思いながら、電車でミナミへ向かった。マスクをして帽子をかぶり、サングラスをかけた。相手にわかりはしないだろう。そして住所を頼りに、男の住まいへと向かった。

 

(つづく)

【執筆者プロフィール・卯月恭一】

エロスと猟奇殺人事件が脳に疼く犯罪系ライター。詐欺犯、覚せい剤犯、元殺人犯などと交流があるが、本人はいたってまじめな性格。飲み屋では風俗と変態話で盛り上がる。

ライタープロフィール

卯月恭一

卯月恭一

エロスと猟奇殺人事件が脳に疼く犯罪系ライター。詐欺犯、覚せい剤犯、元殺人犯などと交流があるが、本人はいたってまじめな性格。飲み屋では風俗と変態話で盛り上がる。

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店
PICKUP!コラム!!
その他おすすめ風俗店