アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

長距離運転手さんからの相談/媚薬談義45

2016年10月07日(金)

長距離運転手の方から、こんな相談がありました。

biyaku_sourou「僕は長距離の運転手をしているのですが、神経を使う仕事の関係からか、このごろ早漏のようで、とにかく早く終わってしまうのです。こんなことは今までなかったのですが……」

 

聞けば、子供が3人の5人家族で、お子さんはまだ小学生だということです。

 

長時間の運転は、非常な神経をすり減らせストレスを増加させます。長距離だと、

どうしても夜間の走行となるのです。そうすると生理的な眠気におそわれたりするため、それを抑えようとしてコーヒーやタバコをのむ。また神経やストレスを和らげようとして、家に帰ると、アルコールを飲んでしまいます。そういう方が多いと思います。

 

コーヒーやタバコや酒は、自分の意志に反して、反対の反応を起こすのです。つまり、SEXをしたいという情報が脳に伝達されますと、脳の命令で動脈から海綿体にどっと血液が送り込まれます。その指令で海綿体のなかにある繊維質が緊張し、血液の出口をふさいでしまうのです。早い話がゴム風船をふくらませて、その出口を締めてしまうようなものです。

脳からの伝達で勃起するのですが、ちょっとした刺激で漏れてしまう(射精)ようになってしまうことがあるのです。

 

コーヒーやタバコや酒は、その出口を一時的にパンパンになるほど締めつけるため、ちょっとの刺激で作用を起こしてしまうということです。
また酒の場合は、麻痺して遅漏になり、度が過ぎると射精しなくなったりすることがあります。

 

運転手という仕事柄、どうしてもコーヒーとタバコはのみ過ぎる傾向があります。このコーヒーのカフェインとタバコのニコチンが相乗して、意志に反した射精をしたり、または遅漏になったりするのでしょう。一種の職業病?……。

 

そこで私はこの男性に、口が寂しいときには「杜仲茶」を、できる限り飲むように勧めました。そうしてできれば「高麗人参を蜂蜜」で混ぜておいたものをお湯で溶かして飲むようにとも伝えました。もちろんバランスのとれた食事が前提条件です、ということも含めてアドバイスしたのです。

 

「杜仲茶」は、神経やストレスを和らげる薬効がいちじるしい。だからコーヒーを飲むかわりに「杜仲茶」を飲み、できる限りタバコを喫わないようにとも言いました。さらに、「高麗人参」も神経とストレスの焦燥感を癒し、体質を改善してくれる作用があります。
次回は早漏を抑える方法として鍛練法をお教えしましょう。

 

(つづく)

 

ライタープロフィール

かんない太郎

かんない太郎

当サイトの管理人。根は真面目ですが裏では結構エロいことやってます。

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


女の子タイプのカテゴリ一覧

おすすめ優良店
PICKUP!コラム!!
その他おすすめ風俗店