アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

歴史上のエロい有名人18と昔高級店にいた45歳出戻り姐さんのお話その3/モッコリ風太郎の風俗嬢ヨモヤマ話(110)

2016年01月23日(土)

まだまだいるw歴史上のエロい有名人18と昔高級店にいた45歳出戻り姐さん第3回のエロ話w

Oden_Takahashi

ど〜も!ど〜も!風俗ライター風太郎です〜!!
急に寒くなりましたね〜〜!!毎年いってますが、こんな時はエロエロな女の子とアツ〜〜イローション風呂でもいかがでしょうか〜〜ww
ちなみにローション風呂をするときは90分以上にしたほうがいいですよ〜〜w

結構時間食っちゃうんでね〜〜wwってスタッフさんがお客さんに聞いたそうです〜〜ww
さて、先日は1店舗さんで4人連続で取材いたしましてw
まぁこれはいつもじゃないんですが、取材受けるって予定だった人は遅刻か急遽来ない、もしくはお客さんが付いていない場合が多くて、そのかわり待機室にいる女性が来るってパターンが多かったり(^_^;)決まっていた人はずなのに「え〜〜!聞いてないよ〜〜!聞いてたらもっとかわいい下着着てきたのに〜〜〜!!」的なカンジでおっしゃるんですが、まぁ基本的に取材撮影ってのがヤなんですかね〜w
そりゃまぁ仕事しに来てるわけですから、余計なことしたくないってのは分かるんですが、お店の売上に少しでも助力できればってのがわたしたちの仕事で、結果的には女性の収入のためでもあるのでね〜〜ww
でもまぁかんない.netさん掲載の店舗さんは良いお店ばかりなんで、そんなことはあまりないですがw
さて、本日もエロおもしろいヨモヤマ話で盛り上がっていきましょ〜ww

 

オマンコがホルマリン漬けされたって!?

さてさて、明治の時代に生きた女性で「高橋お伝」という女性がおりまして、数奇な運命から「毒婦」という汚名を着せられた可哀想な方なんですね〜( ;∀;)
まぁ実際殺人事件を起こして、しかも日本で最後に斬首刑に処せられた女囚とされる女性なんですが、彼女の死後「高橋阿伝夜刃譚」という大衆小説のモデルとなってしまい、「明治の毒婦」と呼ばれるように(^_^;)
どんな女性だったかというと、後年かなり小説のせいで脚色が多いとは思いますがナカナカ不幸な出自でして、生まれてすぐに養女に出されてしまいます。
実は母親が元カレとの間にできた娘で、出産後すぐに家出しちゃいましてwなんちゅー母親だw(^_^;)
で、残された血のつながらない旦那は彼女を養子に出すんですが、まぁそこそこのお家だったのと、お伝自身がべっぴんさんだったために、14歳で入婿を迎えて、1回目の結婚。
しかし気性の荒いお伝とは性格が合わず、入婿という立場もあってか早々に家を出奔w(^_^;)
なんとな〜くお伝も居づらくなり、家出ww・・・・さすがにまぁそこは女一人で生きていく事もできるわけ無く、スグに呼び戻されて呼び戻されちゃうんですが、まぁここがべっぴんさんの得なところというか損なところというかww
2回目の結婚w
今回はお伝との相性バッチリでしかもイケメンときたもんだから、しばらくは幸せな日々でしたが、やっぱり不幸が降りかかりますw(^_^;)
なんと旦那が難病とされるハンセン病にかかってしまいます。・・・まぁ今では差別意識も改善されてきましたが、当時は迷信なんてアタリマエのように信じちゃう明治時代(^_^;)まわりからもやっかまれて、病気の旦那さんと異母姉夫婦を頼って土地を離れます。
ここでお伝は旦那の治療費を稼ぐために身体をうる仕事、つまり売春をして甲斐甲斐しく旦那を看病するんですが、その甲斐なく死別( ;∀;)
さらに異母姉のおかね姐さんも他界しちゃって途方に暮れている所、ヤクザ者の小川市太郎と恋仲になっちゃいますw
ヤクザもんですからもちろん博打なんかで借金しまくりで、それでもその小川市太郎くん、オトコマエだったもんだからこれまた甲斐甲斐しくなんとかしようと、古物商の後藤吉蔵という人物に借金の相談をしたところ、「愛人になるなら金を貸すでぇ〜うへへ〜ww」といわれ、旅籠屋・・・まぁ当時のラブホですねwでやっちゃうんですが、事が終わった後、後藤吉蔵は「は?なんのこと??」としらばっくれたのに激おこw
カミソリでノドを切り裂いて殺しちゃいます(@_@;)もう阪を転がり落ちるとはこの事ww
そしてあっさり逮捕され死刑が言い渡されるんですが、この頃まだ江戸時代の名残で斬首刑が言い渡されちゃいます。
当時29歳のお伝・・・ああ可哀想・・・そして解剖後、理由はわかりませんがオマンコをホルマリン漬けにされてしまったとのことですが、これも後年この事件をモチーフにした書物の創作なんじゃね?といわれてますが、定かではありませんw
まぁ美人で勝ち気でとなれば、難ありの人生だったんでしょうね〜〜w

 

■熟女系ホテルヘルス店 公美子さん(仮)38歳(実は45歳)
ひと昔前は結構な高級店に勤め、そのお店でかなりのテクニックを身につけ、アナル舐めは四つん這い、フェラチオする時は・・・などなどの厳しい研修修行で、50人ほどいた女性の中でNo.2まで上り詰めたツワモノのオネエサン第2弾ですw
身体は小柄ですがトランジスタグラマーで、お顔はかなりの美形!
がっちりお金をためて引退しましたが、その後結婚した旦那がお金を持ってトンズラしたらしく、45歳で風俗に出戻りという、数奇な運命を辿ったキップの良い姐さんですw

 

風太郎「ではでは、公美子さんの得意技を教えて下さいw」

 

公美子さん「やっぱり基本はフェラですかねw早漏の人でも楽しんでもらえるように、最初は基本スローフェラなんですケド、お客様の様子をうかがいながら、激しくしたりほっぺたの内側に当てたり、バリエーションを駆使するようにしてますw」

 

風太郎「聞いてるだけでエロいですなぁwww」

 

公美子さん「若い女の子はあんまりテクニシャンだとアバズレみたいに見えるから、ちょっと控えめにするんだそうですよw」

 

風太郎「へ〜w若い子もイロイロ考えるんだw」

 

公美子さん「若い子でも稼ぐ娘はちゃんと考えてますね〜〜w 姉さんなら客取り合うことないからって教えてくれましたw・・・ってチョット失礼じゃないですかね(@_@;)まぁそれくらい図太いから稼げてるんでしょうけどねwわたしも勉強になったしいいんですけどw」

 

風太郎「う〜ん!図太い!wwその他は?」

 

公美子さん「あとはお風呂でも石鹸でローションプレイみたいなこととか湯船で潜望鏡とかしますね〜w」

 

風太郎「ソープなみですねw」

 

公美子さん「昔はからテクニックが降りてくるカンジですからね〜w私の師匠みたいな人もソープ出身でしたしw」

 

風太郎「良い時代だなぁ〜〜w」

 

公美子さん「戻れるもんなら戻りたいですw」

 

風太郎「昔はフィリピンの女の子とかいましたよねw」

 

公美子さん「あ〜私が働いてたトコにもいましたわw」

 

風太郎「専門店もありましたね〜w」

 

公美子さん「そうそうw」

 

風太郎「てか、公美子さんと話してると私が脱線しちゃいますわwww」

 

なんか今回も友達との会話みたいになっちゃってますw
来週もお楽しみに~~~www
(´Д`)ノ

 

モッコリ風太郎【自己紹介】

人生ゆる~く、ふわっとがモットーのゆるふわ風俗ライター。
記事にできないような、リアルおもしろ話をどんどんゆる~く書きますよw

ライタープロフィール

モッコリ風太郎

モッコリ風太郎

人生ゆる〜く、ふわっとがモットーのゆるふわ風俗ライター。 記事にできないような、リアルおもしろ話をどんどんゆる〜く書きますよw (※ゆるすぎて現在失踪中)

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店