アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

初のグループ店がオープン。ヘルプガールとして/風俗嬢としての私(18)

2015年07月24日(金)

ヘルプ要員に抜擢

fuzokujyo-watashi_nioi01グループ店ができたのは年が明ける少し前のことで、ホームページが出来上がっていくのを女の子の紹介文を書きながら見ていました。内容はアロママッサージ店同様、ソフトなもので、ナースのコスプレを着てベビーパウダーでマッサージする、という内容。喉のあたりまでボタンを留めるタイプで露出は少なく、多少触れられても平気そうな衣装でした。
「もうすぐオープンする予定でさ、この近くなんやけど」
「へぇ……楽しみですね。ナースにベビーパウダーって新しいですね」
「さらさらーっとして気持ちいいんだよ、これが。オイルも一応あるけど、オイルがベタベタして苦手っていう人にはいいかな」
そんな会話を山男店長としていました。
たしかにオイルの弱点はベタベタ感が拭いきれないところにあります。ベッドから降りてシャワーへ向かうときも慎重に歩かなくてはいけません。

それからしばらくして、給料受け渡しのときに山男店長から、新店のヘルプもお願いしたいと肩を叩かれました。
「えっ、どうしたんですか」
「12月やろ? 電話は結構鳴るんやけど、専属の女の子が足りてなくてな……こっちからもヘルプで女の子行ってもらってるんだわ。頼めへんかな?」
頼む、お願い、そのポーズにまたしてもやられて、わかりました、と返事をしました。
「よっしゃ、ありがとう。さっそくなんやけどさー帰りにパパッと写真撮らせてくれへん? 近くのホテルで」
山男店長はSでいけるっけ、と私のサイズを確認しながらカメラと衣装の準備を始めました。ホテルに向かうあいだ、山男店長は新店の内容を話しました。
事務所や待機室はあるけれど受付はなく、お客様と待ち合わせてホテル内でお金を受け取ることや、写真の顔には全面にモザイクがかかること、ヘルプで新店に来ていることはお客様に話してはいけないこと、掛け持ちしていることがバレそうになっても否定することなどを聞かされました。

 

ダブルで予約

fuzokujyo-watashi_nioi02新店は大通りから小脇の道に逸れたところにあり、お世辞にもわかりやすい場所とはいえませんでした。上に長いマンションの2部屋借りていて、事務所と待機室は隣同士でした。
新店の店長は金髪でプロレスラーのような体格をしていましたが、小さく愛らしい目と優しい表情ですぐに親しくなれそうな方でした。加えて話し方もまろやかで、私がヘルプに来たことを歓迎してくださいました。
出勤日には、在籍店と新店のどちらのホームページからでも予約を受け付けられるようになっていて、そのたびにあっちへ行ったり、こっちへ行ったり。水着で仕事をしたあと、私服を上から着て戻るのですが、次にナースの衣装となると、待機室に戻って水着を脱いで下着をつけてから私服を着て出なくてはいけません。横着な女の子が水着に私服のまま新店のヘルプに出掛けてしまい、首元からヒモが見えたのかお客様になんで水着? と突っ込まれたことがあったようで、アロママッサージ店の待機室には新たに「ヘルプにいっている女の子は必ず水着を脱いで着替えること」の貼り紙が増えました。

 

衣装の臭いに困惑

fuzokujyo-watashi_nioi03半袖、ミニスカートの淡いピンクの衣装で、シャワーから出てきたお客様をお出迎えします。似合うね、可愛いね、なんて言われながら施術へ入るのですが――ある日、気がついてはいけないことに気づいてしまったときがありました。
衣装が猛烈な臭いを放っていたのです。
金髪店長から衣装や道具は手渡されて、施術のときまで触ることはありません。タバコと香水のごちゃまぜになった臭いは着替えた瞬間にわかりました。「うっわ、何これ……」とつい漏れてしまうほどの異臭でしたが、お客様ももうシャワーから出てきてしまうし、どうしようもありません。
足元にいるときは大丈夫だろうと思っていたのですが、お客様の背中に近づくに連れて何を思われているかと心配になってしまい、とうとうあのね、と言い出しました。
「この衣装、なんか臭わない?」
お客様もえっ、と驚いた表情で胸元を嗅いでくださいました。あー……なんだろ、服自体から臭ってるね。
一言ごめんなさい、なんか変な臭いして、と断りを入れて施術を再開させました。お客様が笑ってくださったので、その場はよし、しました。
私は事務所へ戻ってから、金髪店長に説明して衣装を変えてもらいました。それから私は必ず衣装に鼻を押し付けて臭いをチェックするようにしていましたが、脇のあたりに思わずえづいてしまうくらいの異臭を覚えたときにはさすがに金髪店長に「ちょっと臭ってもらえますか」と手招きしたこともありました。

 

ライタープロフィール

ひろ

ひろ

元風俗嬢。26歳。関西在住。現在はホステス、モデル。 ライター、小説家を志している。

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店
PICKUP!コラム!!
その他おすすめ風俗店