アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

最高で最悪なシャブまみれの暮らし 俺がどっぷりハマった西成という街

2014年05月29日(木)

7年住んだ西成(大阪あいりん地区)という街!

今は亡き西成のフェスティバルゲート

俺が西成に1人で住んだのは今から7年前、当時の俺は学生で学校の紹介で何件か物件を回り、ベランダからジェットコースターがビュンビュン動いているのに感動してその部屋に住むことにキメた!
そのジェットコースターは今は無きフェスティバルゲートだ。もちろん学生なので親の金で敷金、礼金、家賃、生活費、学費を払ってもらい性活していた。
今思えば物件を紹介してくれた人は「ここ治安が悪いのであまりおススメではないんですけどね〜へっへっへっ・・・」と言っていたが、当時の俺はアメ村や難波が近い所が良かったのでまるで夢の様な物件だった!

 

俺が学校に行っている間に親が引っ越しの手伝いをしてくれて、学校から帰り散らかった部屋からベランダを覗くとフェスティバルゲートの光がとても綺麗だった。
だが直ぐマンションの下は青色のビニールシートのおびただしい数、そう浮浪者達だ。だが男の俺にはそんな事は関係ないし、むしろ田舎育ちの俺からすれば浮浪者も都会の新鮮な一部に感じた。

 

前置きが長い上に親のスネかじりの最低な奴だったが、俺がコレからどんどん最低にドン底人生になっていく様と西成の今と昔の現状をココで伝えよう。

 

今は亡き日本橋のジャンキークラブMACAO

学生生活は休みの日は友達と難波に繰り出し、夜はクラブに行くようになった。俺が初めてクラブでドラッグをしたのがZEEP大阪(まだ南港にあったころの)で、そこでMDMAを初めてキメ、それからどっぷり覚せい剤まで手を出していった。よく行くクラブは日本橋の近くホテル味園の直ぐ地下にある「MACAO(マカオ)」
ここは薬物なんでもありのサイケデリックがガンガン流れていた今は無きクラブだ。
 

西成警察署前の覚せい剤立ちんぼ「今と昔」

西成でシャブ売買が行われてそうな自販機そんな毎週クラブ通いをし、覚せい剤を購入するルートも自分で確保していった。
西成では覚せい剤が自動販売機感覚(24時間直ぐに欲しい時に購入出来る)で道端で売っている。当時の噂では1万円で0.3グラム程度、注射器付き。俺は「アブリ(炙り)」派だったので注射器は関係ないが。まあそんな線引きは覚せい剤をしたことない人からすればどちらでも同じなのだろう。
※アブリとはガラパイ(ガラスパイプ)に覚せい剤を入れて火を付けタバコのように煙をだして肺から吸収しバキバキになるのだ。

 

バリケードで囲まれた西成警察JR新今宮を出てあいりん公共職業安定所の方面へ行くと立ちんぼが何人か立っている。
その道というか、場所によって893の縄張りがあり893が密集している。当時は24時間営業で売っていた。俺が驚いたのは西成警察所の横で堂々と覚せい剤が売られているのを見て世の中の矛盾を感じた。また西成警察所は刑務所のように囲いがしてある。

 

西成の暴動事件の様子なぜそんな囲いがあるかというと、昔、西成暴動が起き北斗の拳のような世紀末な世界が繰り広げられ車が燃えたりして浮浪者VS警察の戦いが行われていたらしい。そこで浮浪者の侵入を防ぐためバリケードが出来たのだろう。そんな素敵な街それが西成なのだ。

 

だが今は(あくまでネット情報なのだが)西成浄化作戦が進んでいるらしく、警察署の横で堂々とシャブを売っているとは何事か!と言う事で立ちんぼは存在していないらしい。

 

スーパー○出の裏にシャブの売人

いわく付きのスーパー玉出俺が独自のルートでシャブを引いていたプッシャー(売人)は、西成のスーパー○○付近に住んでいて、一ヶ月で六千万円荒稼ぎした有名なプッシャーだった。
あまり詳しく書くと危険なのでスーパー売人とでも言わせて頂こう。
正直あまりその年代やその場所を詳しく書くと周りに迷惑がかかる恐れがあるので、かなりぼやかして書かせてもらう。

 

30〜50代くらいのイケイケバキバキのおじさんで、一万円でシャブを結構サービスで入れていてくれた。でもたまにグリグリ(覚せい剤中毒者特有の病気、勘ぐりの事)になって、「お前警察のスパイやろ!」と怒られた事もあったり、覚せい剤の取りに行く時に時には893の事務所みたいな所まで取りに行かされた事もあった。

 

高級高層マンションの部屋に案内され、中に入るとテーブルゲーム機が置いてあり、「博打ゲームやで!おもろいからやっていきー!」と言われる事もあった。

 

一番衝撃だったのが(ココで記載してよいかどうか分からないのだが)スー玉売人さんはアルバイトを何人か雇っており、その1人に包丁を突きつけられ三千万円相当の商品(シャブ)を取られたそうだ。
「あいつ殺したる!電話かかってきたら教えてな!」とシャブを購入する時に言われた。
その包丁を突きつけて逃げた奴から実はTELがあり「凄い量をもってるから匿ってくれ」という連絡があったが、俺もその時はキマっていてグリグリだったので丁重にお断りしたのを思い出した。今思えばマジ危ない事になる5秒前だったのかもしれない…。

 

そういえば包丁を突きつけ逃げた奴はMACAO(マカオ)の外で薬のキマリ過ぎか何かでヘバッてヘロヘロになってるのを1回見たことあるが、今も無事なのだろうか、もしくはもう…。

 

あいりん公共職業安定所で…!

いつも人でごった返すあいりん地区の職安

焼酎やワンカップビンあふれる
数以上にない人があぶれる
かぶれた腕掻きながら隠れる
酒屋のそばにチン電のレール
bySHINGO☆西成ILL西成BLUES より

 
昔の俺の神曲だ↓↓

 

まさにそんな歌詞のとおり人が多く日雇い労働者が朝から凄い数で溢れかえっている職安だ。西成BLUESは職安の事を歌っている訳ではなく西成全体の事を歌っているのだろうが。

 

西成の炊き出しの様子

自由労働者の服を着て威勢よく「兄ちゃん仕事あるけどどうや!」と職安の前を通ると言われた事もある。グリグリだったのでもちろん丁重にお断りさせて頂いた。

 

職安から少し中の路地の方に行くと公園があるのだが、凄い行列の炊き出し待ちを見た時も衝撃だった。
だが一番驚いたのが職安の横で行われている商売「どろぼう市」またの名を「闇市」だ。

 

西成名物「泥棒市」で…!

西成名物の泥棒市の様子

詳しい営業時間は覚えていないが、早朝から昼頃まで、何点か露店が職安の横の道にずらりと並ぶ。
販売している品物はDVDや土木工事労働者の工具、偽ブランドの服や小物など、朝から祭りの様に買い物に来た沢山の人だかりができる。それが泥棒市だ。

 

偽ブランド露店は当時の俺からはすごく魅力的な店だった。何故なら高級ブランドがお手ごろ価格で手に入るのだ。バーバリーの服と俺はロレックスを購入した。
バーバリーの服は3,000円くらい、ロレックスは50万円するものが1万円で手に入った。
それから直ぐに摘発され今では影も形も無い、はず…。

 

俺の知り合いで、清掃業を営んでいる奴がいたが、天王寺区での仕事の時にちょっと目を離したスキにポリッシャー(床を磨くヤツ)が盗まれ、次の日にまさかと思って、泥棒市に行くとしっかり売りに出されていたらしい。抗議しようにもどうしようもなく、渋々格安で買い戻したらしい。泥棒市の前では、「人の物を盗んではいけない」という一般常識は通用しない。

 

そう言えば泥棒市の近くの皮膚科があるのだが親切なおばあちゃんが働いて、よくお世話になったのを思い出した。町医者で常に患者がいっぱいの有名おばあちゃんといった感じだ。元気でやっているのだろうか。

 

消費者金融から総額100万円の借金地獄

西成の大通りの交差点俺はシャブ中ニートを1カ月くらいやっていたんだが、消費者金融で金を借りて覚せい剤を購入し後先を考えない今さえ良ければイイ!と当時の俺は最高の性活を送っていた。
シャブの決まったオナニーはそれはもう最高だった。
何時間でもトリップしていられ、完全に頭がおかしくなるくらいはまった。

 

そしてシャブのキマったパキパキバキバキパチンコも最高に楽しかった。
動物園前の「DAIICHI」というパチンコ屋でかなりエンジョイさせてもらった!

 

シャブがキマってる時は何でも出来る気がしたし、シャブが切れればしんどく、直ぐにまた欲しくなってシャブをやりまくった!
だがそんな生活は長くは続かなかった。直ぐに借金は膨れ上がり、返済の地獄の日々がまっていた。でも覚せい剤はやめられなかった。

 

最近覚せい剤で捕まったチャゲアスのASKAのように。

「Yah Yah Yah 替え歌バージョン(ネットから拾った歌詞+俺流リミックス)」

 

必ず手に入れたいものは誰にも知られたくない…??!!!!
百ある甘そうな話なら一度は触れてみたいさ!
今から一緒に、コレから一緒に警察行こうか〜♪イヤー!イヤー!ヤー!♪

 

新世界周辺を仕切っている○○○系列でバイト

通天閣のある新世界のイメージ写真

学生時代の時はバイトをしながら土曜の夜はMDMA(錠剤の合成麻薬またの名をエクスタシー、タマ、バツ)をキメてMACAO(マカオ)に行っていた。

 

そこでお世話になった新世界一体を仕切っているある会社の系列店でバイトをさせてもらっていた。
何の系列店かは詳しく書いてしまうと迷惑のかかる人もいるので、何のバイトかは書けないが勘のいい人なら分かってしまうかもしれない。

 

働いてる人もバキバキ「覚せい剤常習犯」の様な人が働いていたがあくまで俺の勘ぐりという事にしておこう(というか、自分に薬がキマっていたら全員が薬をしてるように思ってしまう)。

 

そこで色んな西成LOVEの人と知り合って、色んな話を聞いた。
その1つが新世界ではビデオ試写室が充実している。何件もあるのだがそれだけ需要があるのだろう。
宿なしの人や、西成でシャブを購入し、サクッと試写室で注射してオナニーするという流れができている・・・のだろう、おそらく。

 

その試写室のゴミ箱には注射器が落ちていたり、スカトロ系を借りる人はトリップしてウンコを室内にぶちまける人もいるようだ。

 

マジヤバ!大阪府警が動いた!

JR新今宮駅の高架下真昼間からシャブをキメまくっていた時、大音量のパトカーのサイレンが俺を驚かせた!
西成では救急車がよくサイレンを鳴らしているのは有名な話だが(全国でも救急車の出動数が圧倒的に多い、理由はシャブをやって、オーバードーズ(OD)する人が後を立たないようだ)
明らかに異常なサイレンの音が俺のマンションの下で止まった!
俺はシャブのキマリと突然の警察のサイレンが止まった音で小刻みに震えていた。
マンションの上の方の階に住んでいたが明らかに下からたくさんの人の声が聞こえてきた!

 

俺は恐る恐るカーテンを開けてベランダから下を覗き込むと、そこにはなんと!!

 

パトカーが4台、大阪府警の制服を着た警官が10名いて一人の男を取り囲んでいた!

 

よかった!俺じゃなくて!と思い急いで下の野次馬の主婦達に紛れてその一人の男性が検挙される様子をバキバキで見た。

 

その男は一台のパトカーに押し詰められ両サイドを警官ががっちり囲み、事情聴取をしていた。男の手には手錠がしてあった。

 

主婦同士の会話では覚せい剤で捕まった、と言っていた。
こんな昼間から沢山の警察とシャブ中が捕まるのを自分のマンションの下で行われて俺はテンションが下がったが、直ぐに部屋に戻って炙ってテンションハイだぜ!

 

西成の視聴可能な裏DVD屋で!!

現在営業しているか不明の西成の裏DVD屋俺の住んでいたマンションの近くにはモザイク無しのウラDVDがひっそりと売られていた。
日本橋の買取○ックスでAVを選んでいたら「お兄ちゃんウラあるで〜」と怪しいおっさんに声を掛けられた事があるが、さすがに恐いので買ったことはない。
恐い理由はDVDが実際に再生するか分からないし、おっさんが声を掛けてくるのはよろしくない。
そんな事AVに関しては、警戒心常にボルテージMAXの俺が常連になってしまったウラDVD屋はシステムが凄かった。

 

裏DVD屋との最初の出会いは・・・

裏DVD屋の商品陳列のイメージ写真シャブがキマった状態でエロDVDを探すのは凄くハイになってドキドキする楽しい遊びのひとつだったので手当たり次第付近のエロDVD屋さんでウロウロしていたのだが、そのひとつのDVD店の金髪の兄ちゃんは、気さくでよく話しかけてくる人で
「お〜お兄ちゃんウラDVDあるで、視聴もできるで〜見ていき〜」
と堂々の営業をかけてきたのだ。
俺は少し勘ぐったがシャブのピンク(エロモード)な気持ちには勝てなかった。というか薬をやってる時点で自分に負けまくっていたのだが…。
俺はワクワク、ドキドキ、バキバキしながら狭いDVD屋の奥の方へと案内された。
狭い店のカウンターの奥には小さなTVとプレイヤーがあり、その場でウラDVDを視聴できる画期的なシステムだった。

 

まずウラDVDのジャケットが入ったパネルをピックアップし、金髪のお兄さんに頼み再生してもらうという素晴らしいシステムだ。

 

客の多い時は4人くらいいる事があったが、行くと基本暇そうにしていて、「ビールのんでえ〜か〜ゴキュゴキュ」とよく勤務中にアルコールを摂取するイケイケの兄ちゃんだった。
「俺も自分の飲食店を経営したいから、このウラDVD屋手伝ってくれんか?」と言われるほど仲良くなったが、俺はシャブ中だしウラDVD販売で捕まってシャブでも捕まるのは真っ平御免なので、丁重にお断りさせて頂いた。

 

ウラDVDの値段は一枚1,000円で売っていたが、三枚一気に買うと200円くらい割り引いてくれた。シャブ中にとってはシャブを買うために出来るだけ金は必要なのでありがたかった。

 

裏DVD屋のスタッフの兄ちゃんとの思い出

そんなある日たまたま昼間にウラDVD屋の金髪の兄ちゃんが彼女と歩いているのを見かけ、兄ちゃんは俺だと気づいて話しかけてきた!
「お〜、コレ俺の彼女やねん♪」
と彼女を紹介されたが、スタイルは凄くいいがめちゃめちゃ不細工だった。

 

何日かして、またシャブをキメ、裏DVD屋に顔を出した時に、金髪の兄ちゃんに「俺の彼女どうやった、不細工やったやろ(笑)」
と言われ正直に不細工ですと言うとあまりに失礼だと思ったので「顔見てなかったです」と言うと、金髪の兄ちゃんはニタ〜と笑いながら「俺、めっちゃBせんやねん」と言ってきた。俺はこの兄ちゃん相当な変態だと確信した。その時の俺の顔はきっと引きつっていたと思う。

 

そんな仲の良かった金髪の兄ちゃんに俺は一度めちゃめちゃ怒られた。
シャブがキマった状態での裏DVDを吟味するのは凄く楽しくて、小一時間くらいじっくり見させてもらったが俺は購入せずに帰ろうとしたら、金髪の兄ちゃんが「え〜かけんにせ〜よ!って思うわな、こんな長い時間見て買わないとかありえへんよな〜」と遠まわしに怒ってきた!「き〜悪いからビール飲むわ!ゴキュゴキュ!」
と、俺はシャブ中の自己中をしてしまったが、その後日たっぷりシャブを炙ってパキパキで裏DVDを購入し仲直りした。

 

西成のあるある思い出

JR新今宮の電車付近新今宮駅の近くにまんぷく弁当という安くて腹いっぱいになる弁当屋があり、たまにシャブのキレメは腹が減るのでそこで弁当を買っていたのだが、そこの働いていたおじさんはいつもせっせと働いて優しい顔の人だった。
だがある日、新今宮駅付近の二円パチンコでおもいっきり怒った顔で台をどついてたのを見た時は驚いた。

 

そのまんぷく弁当屋の近くの高架下のホルモンがあり、今でも営業しているかは分からないがめちゃまずいらしい。

 

都市伝説か何かのテレビで見たのだが、コンビにのトイレは治安の悪さを示していて、女性が1人暮らしをする時は参考にして、と言っていたと思うのだがその内容は

 

  • ご自由に使用して下さい→治安良い
  • 店員に一声掛けて下さい→治安少し悪い
  • トイレは使用禁止です→治安悪い(過去に犯罪や何かがあった場所)

 

で、西成トイレは全て使用禁止だ。実は俺は周辺のコンビにでバイトしていた時期があったのだが、そこで絶対客にはトイレは貸しては駄目と教えられた。何故なら万引きはもちろんシャブを突いて出てこない客が沢山いたので禁止にしたらしい。
嘘だと思うなら自分の目で確かめてくれ。

 

西成のコンビニでバイトしてた時に、冬にはわざと万引きして捕まる客が多かった。理由はわざと捕まって留置所で寒さを凌ぐらしい。

 

その後、俺は知り合いのツテで本格的に仕事をしだし、覚せい剤を止め、借金も返し、完全に社会復帰をした。それでも西成を愛し住んでいたが、マンションが火事になったので梅田に引っ越す事を決意した。

 

西成から引越して覚せい剤やめて輝かしい今をゲット

梅田の上空からの夜景写真

俺がどっぷりはまってしまった西成という街で覚せい剤中毒生活最高で最悪だった。今振り返っても沢山の人に迷惑をかけたし、いずれシャブ絡みの犯罪をおかして捕まる運命にあったのかもしれない。

 

そう、シャブをやって性交するやつはいても成功すつやつはいないのだから。
幸い俺はインドア派だったのでシャブSEXの経験がなかった。なのでシャブ&アスカ、ではなくチェゲ&アスカのようにいい年になってもシャブにはまっているダメなアダルトにはならなくて済んだ気がする。

 

そして、シャブを止めたい奴は本気になったら余裕でやめれると言う事を伝えておこう。だが、シャブをやって自分に負け続け、負け癖が付いてしまっている可能性もあるのでそんな奴は環境を変える事をおススメしよう。

 

それでも止めれない、止めるつもりのない奴は捕まらないことを祈ろう。

 

西成という街は最高だった。
もう住むことはないだろう。

 

シャブは最高だったが本当に最悪だった。
もう二度とシャブをやる事はないだろう。

 

今の俺は見事シャブを止め、西成から引っ越し、社会人となり、借金は見事に返済し、一時期20キロくらい一気に太ったが、なんとかダイエットをし、タバコもやめ、年収500万円以上で貯金も二千万円あるし、よろしくやってるぜ!!
だが、今だに年に数回はシャブの夢を見る。夢の中でおもいっきりシャブを吸引している。そんな夢を見たその日の夜のオナニーは最高に気持ちが良いぜ!!!

 

ライタープロフィール

かんない 次郎

かんない 次郎

かんない太郎の弟分。かんない.net編集長。経費を使っての風俗遊びが得意。生涯現役風俗ユーザー!!

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店
その他おすすめ風俗店