アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

関西有数の遊郭 松島新地(大阪市西区九条)の探索とレポート

2014年05月01日(木)

今回のかんないウォーカーは松島新地の現在

松島新地の大きめの長屋型料亭「白龍」

知らない人間からしたら、「ドコそれ??」となるだろうが、関西屈指の遊郭「飛田新地」と同じく、店頭に女の子が展示(顔出し)されているタイプの遊郭が「松島新地」である。
規模もそれなりに大きく、飛田新地が約160軒に対し、松島新地も100軒近くある。最寄り駅の九条駅から徒歩2,3分とフットワークはとても軽いが、あまりにも住宅街と面しているため、別天地を感じさせるのは、明らかに飛田新地のほうだ。それが実際に行ってみた印象である。今回はそんな松島新地にスポットを当ててお送りしよう。

 

松島新地の歴史

松島新地の裏通りの料亭で壁が黄色の建物が

松島遊廓が成立したのは明治初頭。名前の由来は現在の遊郭ゾーンのすぐ西側に樹齢300年の「松の大木」と「寺島」の地名からきてるんだとか・・・。江戸時代からある遊郭の「新町」「堀江」「北新地」「南地(ミナミ)」と違って、創立が明治と本来の老舗の遊郭よりは全然、新参者である。(実は飛田新地も開設は大正時代なので、もっと新参者なのである)
松島新地をテーマに書いた書籍で「松島新地誌」という物があるが、発行部数の少なさと、当時の新地組合の組合員が書いた書籍という事で、プレミアがついて、2014年4月現在の値段は32,000円である。
【松島新地誌 – 古本買取大阪 | 古本買取のモズブックス】

 

松島新地ってどう行ったらいい??

最寄り駅は大阪市営地下鉄・阪神電気鉄道の「九条駅」。2つの駅の降り口は若干違うが、中央大通りが大きな道路で目印になるので、迷うことはないと思う。

 

大阪市営地下鉄からなら、中央線「森ノ宮・長田・生駒・学研奈良登美ヶ丘方面」か「弁天町・大阪港・コスモスクエア方面」で
阪神九条駅からなら、「難波・奈良方面」か「尼崎・神戸(三宮)・明石・姫路方面」
「生駒」「難波」「奈良」「神戸」と比較的大型都市からのフットワークは軽い。

 

JR環状線の「西九条駅」からでも行けないことはないが、安治川を渡るために河底トンネルを渡らないといけないため、少々時間がかかる。JRの方が行きやすいなら西九条から歩いてもいいが、徒歩なら松島新地まで20分ぐらいかかってしまう。
ちなみに、松島新地にはパーキングがたくさんあるので、車で行くなら周辺のパーキングを利用しよう。

 

中央線九条駅から松島新地への行き方

中央線九条駅の高架下の出口

最寄り駅は中央線の「九条駅」出口は6番出口。写真はエレベーターで降りた時のガード下の上にかかっている「中央線九条駅」と書かれた目印。

 

アーケード付き商店街「ナインモール九条」の入り口

ナインモール九条の商店街の入り口が目印。左にファミリーマート。右にマクド(マクドナルド)

 

九条の商店街の中左にパチ屋で右にファミマ

ナインモール九条の入り口に向かって左に曲がれば、すぐ松島新地が見えるが、ココはあえて、商店街からの行き方を紹介

 

松島新地に行く目印の焼き肉かどやとタバコ屋

最初の角(タバコ屋)を左に曲がって、アーケードの外に出る。

 

何の変哲もない通路だが、奥には松島新地の入り口

アーケードを出たら、まっすぐ最初の角まで、北に進む。

 

松島新地入り口手前の「アルプス工業」

目印は左手にアルプス工業

 

松島新地のメイン通りは2車線

ここまで来れば、そのものズバリの遊郭が並んでいるので、ゆっくり物色しながら、女の子を選んで、自由恋愛しちゃって下さい。ちなみに営業時間は16時頃から夜の0時ぐらいまでだが、昼過ぎぐらいから開き出す店もあるようである。お店によって営業時間がバラバラなので、行って確かめるしかない。
しかし、入った茶店の女の子と出会った瞬間恋に落ちて、そのまま2階のベッドでセクロスしちゃうってどんだけ〜〜である。
松島新地は飛田新地よりも、遊郭を挟む道路が広いので、物色のため、2周目、3周目と回りやすい。まぁ、オバちゃんのイケイケ接客の度合いにもよるが・・・。

 

松島新地で遊ぶ料金はいくら??

料亭「咲」の2階の木造部分

基本的に10分5,000円計算で設定されている。初回をアピールすれば、2,000円ぐらい割引してくれる場合もあり、女の子がどうしても40分はいってほしいから、その代わり3,000円割り引いてくれるとか、おばちゃんと女の子との交渉次第ではいくらか安くなるようであるが、基本料金は以下のとおり。

20分
10,000円
30分
15,000円 (基本)
40分
20,000円
50分
25,000円
60分
30,000円

 

シャワーがついてる長屋もある!

松島新地の料亭が4件並んでいる所

飛田新地より、時間が長いためかシャワーがついている長屋もあるようである。30分でシャワーを浴びてたら時間がなくなってしまうので、料金と時間と相談してシャワーを利用するかしないか決めましょう。ただし、あるかないかは入り口でオバちゃんに聞かないと、ない場合もあるので、ご注意を

 

松島新地が掲げる街への取り組みは?

「松島料理組合」の外灯下の看板

松島新地を歩いていると、イヤって言うほど見るこの看板。それもそのはず、この界隈の遊郭は「松島料理組合」が取り仕切っている。組合って怖い人達が取り仕切っているイメージだが、それは昔の話で現在そのようなダークな部分は裏に隠れているか存在しないかのどっちかである。

 

麻薬撲滅を掲げる松島新地

街としては、健全な商売として、成立させるために薬物はご法度。こちらの看板も松島新地を歩いていれば、度々目にする。

 

暴力追放の街を目指す松島新地

「暴力」と「薬物」と悪いことは一切許さないこの街の、遊郭と一般住宅の共存は確固たるものなのだろう。

 

松島料理組合って何??

松島料理組合の正面入口

こちらが松島料理組合の本部。この街を良き街にするために取り仕切っている。松島新地で飲食店及び遊郭を営業する場合は、この組合に入らないといけないようで、この街の治安が守られているのは、彼らのおかげなのであろう。

 

松島料理組合の大きな表札

天下の桜田門ならぬ、桜の枝がイメージとしてデザインされた「松島料理組合」の看板は中々風格を感じさせる。

 

立ち看板は「松島新地」とメイン通りからよく見える場所に設置

上にも松島新地とデカデカと書かれた看板が見える。まさにこの街のシンボル。大通りからもバッチリみえるこの看板は自粛する気などサラサラない。その点も合わせて、街と上手く共存できている事が伺える。

 

松島新地と一般住宅との共存とは如何なるものか??

左が遊郭並びで右が一般住宅の珍妙な景色

左が「料亭」右が普通の住宅街。その間を、万引き防止のカゴを乗せた自転車が走っている。なんとも、不思議にマッチした日常風景である。この地域は、戦災でほとんど焼けてしまったものの、古い建物も残っているようであるが・・・全てが年季の入った建物ではなく、近代建築も遊郭として営業しているためかと思われる。

 

松島運営組合が設置している立て看板

そんな松島新地の掲げるスローガンは「大阪の 豊かな未来は 防火から」こちらも街中に掲げられ、松島新地の治安は守られている。

 

手書きの乱雑な飲酒検問の看板

以前に、酔っぱらいが迷惑をかけたのか、明らかにお国の仕事ではないであろう「飲酒検問中」の威嚇の看板もある。酔っ払って遊郭に行くテンションになっても、くれぐれも住宅街なので、お静かに・・・。

 

組織防犯松島支部の提灯

各遊郭には「松島支部」の防犯組合の提灯が掲げられている。こちらも、街の治安を守るのに一役買っているようである。飛田新地は明らかに女人禁制であるが、松島新地は普通にファミリーがお散歩で歩いていることもある。SHINGO☆西成が歌っていた「飛田新地は通学路」が松島新地では別に普通の事のようだ。

 

壁にはられた美化意識の強い張り紙

とにかく街全体が美化活動に注力を注いでいるように感じる張り紙が所狭しと貼られている。その意識が現在も松島新地が料亭として君臨できている理由かもしれない。

 

防犯カメラが設置されている証のシール

料亭だけでなく、一般家庭にも防犯カメラが設置されているようで、こちらの家もその一つ。「松島組合」が懇意で設置してくれているのか、この街に住居を構えるなら「防犯カメラ」は必須条件なのか。

 

松島新地内にあるサロン・ド・ルータス

ハイカラなエステサロンも絶賛営業中なようで、遊郭で働くホステスさん御用達のエステ店なのかもしれないが、2階の長屋の雰囲気は遊郭と変わらない。

 

飛田よりもハイカラな外観の遊郭が多い松島新地

ボロい家屋で遊郭営業をしている遊郭
松島新地の最大の特徴は一般住宅と混在して、点々と料亭がある事だろうが、基本的に戦前からある建物と思われるおんぼろ住居も料亭として営業している。

 

ボロい2階の手すりが特徴的な遊郭の一軒

2階の木造の手すりと窓が何とも言えない雰囲気を醸し出している。外灯が少ないので、中からピンク色のライトが灯れば、一層エロスな雰囲気を醸し出すだろうなぁ。

 

モデルハウスが並んでいそうな比較的新しい遊郭の並び

昔ながらの住居は少なく、モデルハウスみたいな綺麗な近代住宅も遊郭として営業している。一般住宅と違う所は、駐車場があるべき所が女の子が座っている所になっているので、仲居さんやホステスさんは自転車通勤なようである。

 

ピンクな風俗店っぽい「COCO」の正面入り口

一般住宅が多いので、外はあまりギラギラさせてないのかと思ったら、「COCO」とデカデカ書かれた看板にはライトが設置されているようで、セーフとアウトの境界線が今だに把握できないでいる。

 

ド派手な外観の遊郭のかぐや姫

これは、もはやネタだろうと思わせる「かぐや姫」も料亭の一つ。名前は「かぐや姫」だが、見た目は「竜宮城」である。この料亭で遊んだら、浦島太郎のように何年も経っていた!なんて事はまずないだろう。料亭はプレイ時間が短いからね。
写真には写っていないが、左右の住居も、後ろのマンションも一般住宅である。これは、ぜひともライトアップされた所を見てみたい!!

 

外壁がピンクの長屋型遊郭

一般住宅の感覚で言うと、趣味の悪いピンク色の外壁の家だが、こと料亭においては、ベストマッチした長屋である。

 

黒と白とワインレッドのモダンな遊郭「誉」

一見すると、普通の飲食店のような「誉(ほまれ)」だが、「18歳未満立入禁止」だけはどうしようもない。左の入口には、おばちゃんと女の子が座っている。

 

決して、すべての小屋が、営業しているわけではない。

空き家になってしまった遊郭「さやか」

「さやか」は屋号がそのままで、借り主を募集しているようである。お店がありすぎるために、競合しあい、客の取り合いが発生してもおかしくない。

 

貸し店舗になっている閑散とした一軒家

こちらも一軒家が、「空き家」じゃなく、「貸し店舗」となっている。普通に住居として利用したい人間がいるのか、いないのかわからないが、居抜き物件として、すぐに遊郭営業ができるのが便利そうである。

 

貸店舗でもホステスは募集している変わった遊郭跡

「貸し店舗」なのに、なぜかホステスさんを募集している空き遊郭もあった。やはりこの不景気の中、駅近の立地でも営業は一筋縄ではいかないようで・・・。

 

早朝から営業準備を始める遊郭

中が見えてしまっている早朝の遊郭の玄関

松島新地の営業は昼からの営業がほとんどだが、朝から開店準備で、ちらほらお店が開きだす。風通しを良くするためか、玄関を開けている料亭もたくさんあった。特に隠すことなく堂々とした態度は、普通の一軒家でおばあちゃんが朝の掃除をしている普通の風景である。

 

引き戸が半分開いて空気の入れ替えを行こなっている遊郭玄関

こちらも玄関を開放している、水撒きをしているおばちゃんとすれ違った。早朝からウロウロしている人もおかしいので、「何をしてんねや?」って顔をされたが、何をするわけでもなく通り過ぎた。

 

窓が前回で開け放しの一般住宅風の遊郭

早朝の取材なので、夜の雰囲気はわからないが、開け放しの窓を見るところ、蛍光灯はピンクな部屋が多いようで、後日営業中の松島新地も取材に来ようと心に固く誓ったかんない編集部であった。

 

変な店名は興味がそそるが怖い!!でも実物指名だから安心!!

松島新地内で楽天という変わった屋号で営業している

約100店舗もあると、変わり種の店名もあるもので、家主が「楽天イーグルス」のファンなのかそのものズバリの店名。

 

相撲部屋に見える「白龍」

女の色気を全く感じられない強そうな店名の「白龍」
他の料亭より敷地が広いので目立っている。

 

ボロい家屋には似合わない「だーりん」という名前の遊郭

漢字表記が基本かと思いきや、ちょっと離れた場所には、ひらがなで「だーりん」場末のスナック臭が半端ない。仲居のオバちゃんがふざけて命名したのだろうか。

 

小さい家で商売をする松島遊廓「馭慮」

名前だけ見たら雀荘かと思ってしまいそうな「馭慮(おのころ)」
松島新地の遊郭の店名は、中々面白いのが揃っとる。

 

楽園と書かれた存在感のある松島遊廓

そのままズバリの「楽園」である。赤と黒のボーダーの外装が何ともモダンな雰囲気の料亭である。

 

常にホステスさん・仲居さん募集中!!

ホステスさん募集のピンクな雰囲気の張り紙

飛田新地より、フォント使いがハイカラな「ホステスさん募集中」新地で共通しているネット事情は、営業サイトこそないが、求人サイトは各店舗公開しているようで、松島新地も大型の求人ポータルサイトがある。
【松島新地 求人センター】

 

居酒屋のバイト募集っぽいホステス募集の張り紙

こちらは、ホステスさんと仲居さんを絶賛募集中!ホステスさんはお客さんと自由恋愛する女性で、仲居さんは店先で客引きをする女性の事。まぁ、簡単に言うと客引きのおばちゃんである。

言い方が違うコンパニオン募集と書かれた入り口の看板

こちらは、コンパニオンとして、女性を募集している。顔出し接客のため、遠方から働きに来る女性が多そうである。飛田新地より、ビジュアルの面で劣ると噂されているが、営業時間が長い分、自分の好みがいる時間帯を絞れば、100軒近くあるんだから見つかるだろう。

 

遊郭を改良した飲食店がある!!

松島遊郭と勘違いしてしまう飲食店の外観

外から見たら、遊郭の一つかと思う外観だが、よく見ると遊郭を象徴する店名の看板がない・・・。何かと思って近づいてみると、

 

ダイニングバー「りとりいと」の入り口

松島の遊郭を改良したダイニングバーの「りとりいと」
コジャレたレストランで、内部も飲食店として改装しているが昭和な面持ちはそのまま引き継いで営業しているようである。まさに隠れ家。ランチ営業はしていないようである。
※ りとりいと(食べログ情報)

 

松島新地内のその他スポット

アーミーオタクが経営する自転車修理屋

何故か、自衛官募集中の看板を掲げる「自転車病院」はスタッフが軍服を着て座っている一風変わったお店である。軍服のお兄さんに乗り移っている帝国軍人の魂のせいで、自転車がパンクした時も診断してもらえるか、少々心配である。

 

懐かしい雰囲気のコンドームの自販機

田舎の下町の名物のコンドーム自販機。左のジュースの自動販売機と右の普通の一軒家とのミスマッチが下町情緒を感じる。

 

空き地を駐車場として利用している車2台

空き地は自動車の不法投棄か、単に駐車しているだけか、の割には草が生い茂っているが・・・。

 

干物を干す松島新地手前の居酒屋

松島新地周辺は性的飲食店だけでなく、通常飲食店も多くあるので、朝から魚を干している飲み屋もあった。野良猫から見た「楽園」である。

 

「白龍」が飼っているネコ

料亭「白龍」で飼われているネコのようで、ポカポカ陽気を楽しんでいたので、写真を撮ろうとしたらソッポ向かれた。ペットを飼っている料亭も何件かあるようである。

 

やたらと邪魔なデカイ石

明らかに交通の邪魔にしかならないデカイ石。この街の守り神の割には全然奉ってもらっていない。

 

松島新地周辺の商店街「キララ九条」

キララ九条の入り口の外観

せっかくなので、九条駅を挟んで向かい側にあるアーケード型商店街「キララ九条」にも行ってみる。大型スーパーマーケットやネットショップに押されて、昔ながらの商店街はゴーストタウン化しているようだが、「キララ九条」は比較的人通りも多い印象を受けた。

 

キララ九条を中に入った所

入り口からアーケードの中を入ってみると、朝でも空いてるお店がチラホラ。

 

朝から活気づくキララ九条の市場

朝市の市場はピークが過ぎたようで、締めに入っている感じだった。おばあちゃんが魚市場で、でっかい太刀魚を一匹丸々買っていたのは、何か面白かった。

 

防犯に力を入れるキララ九条と星のマスコットキャラ

キララ九条のマスコットキャラクターなのか、防犯カメラを設置してる所を見ると九条駅の治安はキッチリ守られているようで。商店街内にはご老人の休憩用のイスが各場所に設置されているので、ご老体にも優しい商店街作りを心がけているようである。

 

松島新地内の大きい神社「茨住吉神社」

松島新地エリアのすぐ近くの「茨住吉神社」

かんないウォーカー定番の神社巡り。今回もかんないウォーカーの成功を祈るべく、お参りさせていただくことに。

 

遠目に映る賽銭箱

境内に入ると、広い敷地内の中心に「賽銭箱」ポツンとある。賽銭を入れた後にドコに向かってお祈りすればいいのか迷うレイアウトだ。

 

神社でお祈りをするかんない編集部

下でお祈りしてもご利益がいただけそうになかったので、階段で上に上がってお祈りさせていただいた。もしかしたら階段を上がるのが、困難なご老人のために設置したものなのかもしれない。

 

かんない.net作成「松島新地」MAP

今回訪れた松島新地の各スポットと戦前と戦後の松島新地のエリアをMAPでご紹介!(※クリックすると拡大画像で見れます)

松島新地エリアが分かる地図(古い方と新しい方)

 

大阪市西区九条の風俗遊びといえばやはり遊郭

大きめな淡黄色の外壁の「花月」と言う名の長屋

大阪の九条方面には、ヘルスなどの一般風俗店がないので、九条で風俗に行くなら松島新地一択である。
近くにミナミ(難波)には、ヘルスなどの一般風俗店があるのに何故、松島新地に足を運ぶのか??それは、遊郭でしか味わえない楽しみが松島新地にも確実にあるからである。
 

松島遊廓で遊ぶメリットはこんな感じ

  • ・顔出しなので、パネマジの心配ナシ!
  • ・ヘルス系の風俗店より可愛い女の子の比率が高い(実物指名ゆえに)
  • ・さくっと、本番行為を楽しめる
  • ・性行為が風俗店より上級
  • ・飛田新地よりマニアックな立地のため、サービスが濃厚な場合が多い
  • ・シャワーのある遊郭がある(要確認)
  • ・飛田新地より料金が安い
  • ・遊郭の古き良き時代の雰囲気は普通の風俗店では味わえない

 

松島遊廓で遊ぶデメリットはこんな感じ

  • ・ミナミ(難波)やキタ(梅田)に比べて場所がマニアック
  • ・遊郭によってはシャワーがない場合も・・・
  • ・安いと言っても新地レベルの話で激安風俗店の方が安い
  • ・時間が短い分のんびりできない
  • ・メインが本番なのでマニアックなプレイは期待できない
  • ・イケイケ接客のオバちゃんとのやり取りが苦手な人には、ちょっとツライかも

 

まとめ

松島遊郭の国道に近い大通り

松島遊廓は、明治初期に営業をスタートした時は、この場所ではなく172号線を挟んで、東側隣の「松島公園」の方だったとか。当時は、無許可で遊郭営業をしていた地域もたくさんあったようで、見かねたお国が、「遊郭営業したいなら、みんな松島に移転しなさい」と辞令を出したため、各地域のモグリの遊郭がこぞって松島に移動してきた。最高潮の時は4,000人ぐらいのホステスさんが働いていたとか。

 

防火を呼びかける松島新地の遊郭

松島新地は、エリア内に遊郭と一般住宅がとにかく混在している。駐車場も多いので、車で来ても困ることもないし、道路も広いので車で行きやすい。飛田新地のように遊郭が固まっているわけではなく、松島新地エリア内に点々とあるので、宝探し感覚で松島新地をブラブラしてみるのもいいかもしれない。

 

その他新地関連記事

01imazatoshinchi_thmちょんの間今里新地の現在を調査!今里新地の行き方から

tsutenkaku_kushikatsu_thm風俗中毒、菊ノ丞がイク!/飛田新地編※新連載(不定期)

kannamishinchi_soto_thm兵庫・尼崎〜かんなみ新地〜の現状を調査しつつ、30分10,000円で本番だ!!

菊ノ丞(きくのじょう)・プロフィール

菊乃丞プロフィール専門学生の頃、大阪ミナミのライブハウスで天萬ひとしと出会い、彼の誘いで執筆チームに参加し、風俗ライターを始める。2013年、衝撃的風俗サイト「かんない.net」の当コラムでデビュー。
実際に新地などで撮影を行い、強面の人に追いかけられたことも・・・。独自の観点、その多岐に渡る性癖と残虐さから「バイオレンス菊ノ丞」の異名を持つ。

ライタープロフィール

編集部K

編集部K

かんない.netの技術担当兼ライターです。基本パソコン前一日中ググれます。

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店
PICKUP!コラム!!
その他おすすめ風俗店