アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

モンスター(2013)/おとなの洋画案内所

2014年02月07日(金)

これまで観た映画の中で、とくに印象に残っているのが、『モンスター』です。

annaijyo_monster(今回はこのコーナーの執筆者が体調不良のため、代筆させていただきます)
これは実在した元娼婦の連続殺人犯、アイリーン・ウォーノスの生涯を映画化したもので、実在した人物だってのが、さらに興味を引くところです。(百田尚樹原作の『モンスター』って邦画もあるけどね)

ストーリーは以下

娼婦のアイリーン(シャーリーズ・セロン)は、バーで同性愛者のセルビー(クリスティーナ・リッチ)と出会います。
アイリーンの荒んだ性格にも関わらず、セルビーは彼女のことが好きになり、やがて彼女たちは愛し合うようになる。

 

娼婦と無垢な少女の恋愛です。ここがなかなか魅せてくれます。セルビーがまた可愛いのです。

 

そして二人で一夜を過ごすためのホテル代を稼ぐためにアイリーンは客をとるのです。もちろんセルビーにはそんな仕事は内緒ですが。
しかし、客から暴行を受け、逆に殺してしまうのです。この暴行シーンがまた凄まじい。車の中で犯されるのですが、殺したくなるくらいの暴行です。

 

その後、セルビーとの生活のためにアイリーンは合法的な収入源を得ようとします。真面目に働こうとします。
でも、ずっと売春婦だったため、職業訓練を受けておらず世間的な常識もない彼女が職に就くのは難しいことでした。

 

やがて金銭的に窮し、社会に受け入れられないことに絶望した彼女は売春婦に戻ります。そこでまた衝動的に殺人を犯してしまうのです。

 

最後の結末が、ちょっと可哀相ですが・・・

annaijyo_monster02この映画には、こんな裏話があります。
ずっとステレオタイプな美人女性役が多かったシャーリーズ・セロンの演技は好評を博し、アカデミー主演女優賞、第54回ベルリン国際映画祭銀熊賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門) などを受賞しました。

 

ナント、彼女は役のために体重を13キロ増やし、メイクには毎回1時間半から2時間かけたと言われています。そうなんです、醜い役作りに徹したため、受賞したわけです。
また、セルビーに当たる人物が了承しなかったため、その人物の実名は映画では使われていません。

 

ライタープロフィール

佐々木貴之

佐々木貴之

映画ライター。基本的に新作一般映画を執筆。好きなジャンルは、アクション、任侠ヤクザ、ホラー、コメディー、ミュージカル。廃盤中古映画ビデオを発掘するためにヤフオクや中古ビデオ店を頻繁に利用している。とにかくB級映画、おバカ映画の大ファン。

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店
PICKUP!コラム!!
その他おすすめ風俗店