アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

「帝王切開」の帝王って誰?

2012年02月18日(土)

「帝王切開」の帝王って誰?帝王切開って、なんとも凄い言葉だと思いませんか。自然分娩が困難な場合、母体の腹を切開して胎児を取り出す手術のことだけど、どうして帝王切開と言うのだろうか???

 

帝王とは誰をさしているのか。もともとの由来は何なのだろう。だって女性のカラダに帝王という部分はないし、意味がわからない。そこで調べてみました。

 

これには、諸説あり。

ローマ帝国の独裁者、ジュリアス・シーザーが母親の腹を裂いて生まれたため、この手術を帝王切開と呼ぶようになったという説。帝王切開か、皇帝切開か。まあ、どっちでもいいけど、信憑性はあるが、シーザーの母親は出産後もずっと生きていたから、やはり眉唾ものかも…。

 

実は、誤訳からきている説が、有力視されている。

ラテン語で、切開分娩のことをセクティオ・カエサリアというのだが、これをドイツ語に翻訳するときに、間違いが起こった。カエサリアは切り開くという意味なのに、カエサル(シーザー)と勘違いして訳してしまったのだ。ここから帝王切開という、大げさな、恐ろしそうな手術名が一般的になったそう。

 

他にも説があるみたい。

ライタープロフィール

かんない太郎

かんない太郎

当サイトの管理人。根は真面目ですが裏では結構エロいことやってます。

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店