アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

遊廓の起源

2011年10月08日(土)

遊廓の起源遊廓は、いろ里、色まち、花街、遊里などとも言われる。今では、〈新地〉と呼ばれているけどね。遊廓の起こりは、天正7年(1589年)、京都の原三郎右衛門という者が、豊臣秀吉の許可を受けて、二条柳町に遊廓を誕生させたのが始まりだという。ここは、のちに有名な島原遊廓となって、島原には今でもかつての古い建物が残っている。

 

江戸時代になると、全国に広がり、京都の島原を筆頭に、江戸の吉原、大阪の新町、伊豆の三島、美濃の金津が、

名を馳せた。これらの女郎屋は、やがて貸座敷となり、法律も変わっていくのだが……。

 

こんな川柳がある。

「よくよくの馬鹿吉原に三日いる」

「筆豆な女郎を買って腹を立て」

 

 

ライタープロフィール

かんない 次郎

かんない 次郎

かんない太郎の弟分。かんない.net編集長。経費を使っての風俗遊びが得意。生涯現役風俗ユーザー!!

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店
PICKUP!コラム!!
その他おすすめ風俗店