アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

滝井新地

2011年06月24日(金)

かつての賑わいを失くしつつある滝井新地に・・・

滝井新地いよいよ夏。最近は熱帯夜が多く、寝苦しい日々が続いている。

肌に触れる風も生ぬるい。そんな夕まぐれ、わたしは京阪電車に乗り込んで「滝井新地」(大阪府守口市滝井西町)へ向かった。関西でも穴場の旧遊廓地帯である。だが、滝井駅を降りると、なんの変哲もない閑静な住宅地が広がり、淫靡な雰囲気は何処にも漂ってはいなかった。そんな中、千林方面へ少し歩くと、

黄色い明かりを灯した2階建ての建物が見え・・・

玄関先に呼び込みのオバさんが……。
現在、営業している料亭は8軒ほど。極めて小規模だが、女の子の器量は悪くはない。一画にすべての料亭が林立し、歩くだけで「お兄ちゃん。遊んでいってや」と即座に声が飛ぶ。値段は30分1万4000円だ。

「女の子、ノゾいてみて。うちは23歳のコからおるよ。かわいいコやろ」。実際、玄関奥の待機室で“顔見せ”している。こっそりと「うちは少しやったら値引きできるから」と、耳打ちする親切な料亭もあった。

知り合いのサラリーマンは「この前、遊んだコは26歳やった。なかなか美人で、気さくな感じ。生尺やったし、すごいよかったわ。終了のブザーが鳴って終わりやけど、玄関まで丁寧に見送ってくれたで」という。初々しい新人娘も時々いるらしく、確かに営業努力を続けているようである。

滝井新地は昭和27年、3名が“待合い営業”を申請し・・・

公安委員会が特飲街設置の許可をしたのが始まりといわれる。全盛だったのは40年も前のこと。「その頃は飲み屋が50軒ほどもあってな。その飲み屋でも遊べるようになってたし、料亭かて15、16軒あったで。駅前にはソープランドも1軒あったんやけどなぁ」(地元の人)

実は滝井の場合、料亭遊びだけではなく、飲み屋でも享楽に没頭できたのだ。新地を“中の通り”と呼ぶのに対し、飲み屋街は“外の通り”と呼んでいた。

飲み屋もまだ2、3軒ばかり看板を出し、その一軒の女将に話をうかがうと、「摘発が相次いでな、今は飲み屋だけやなぁ。そういう商売はもうしてないわ」とのこと。当時は30分1万円で、わたしも誘惑されて遊んだことがあった。その時は駅前のラブホテルを利用したのだったが……。

今後、この新地がどうなっていくのか。わたしは密かに興味を持っている。(2011年6月)

(文・鳥飼順一)

 

(追記)その後、2013年9月再び滝井新地へ

沢山の風俗店が出ては消える。涼しい秋風を肌で感じながらわたしは滝井新地がどのような形を辿っているのか再び訪れる事にした。
    
虫の数も減った夕暮れ時に京阪電車に乗り込んだ。今回は滝井駅の一駅手前の千林駅で秋の味を味わうべく下車した。滝井新地は千林駅と滝井駅の中間あたり。滝井駅は駅こそは改装したのか綺麗だが、ローカルの駅らしい人の少なさとどこかもの寂しさな雰囲気を醸し出す。対照的に千林駅は駅を出てすぐに屋根付きの商店街があり、場末な雰囲気もあるが、活気づいている。

 

電車を降りると直ぐ商店街が現れる。残暑のなごりを感じさせる露出の多い服を来た若い女の子とすれ違いながら滝新地の情報収集を行った。昼間は人の数でごった返すようだが、夜はさすがに人通りは少ない。夜の商店街は子供やお年寄りはおらず、仕事終わりのサラリーマンやOLが早足で帰宅し、若者が飲み屋で騒いでる。

 

takiishinchi_201309_02改札を出て少し右方向へ歩くと商店街の路地裏が出てきて看板には東入り口商店街と記載されている。路地の方へ向かうと飲み屋やスナックが犇いている。客の出入りは活気づいている。不景気が嘘のようにオヤジやオバサンの笑い声がよく聞こえる。

 

takiishinchi_201309_03
商店街内にあるマップに目を通すとカラオケ、焼肉、スナック、やきとり、美容院、すし屋、なんでもある。商店街にはチェーン店が何店舗かあったが裏路地は昔からここにある老舗の個人経営店があり、思わず一杯引っ掛けたい気分にもなる。

 

takiishinchi_201309_04
千林商店街の屋根があるメインロードの方は21時以降はシャッターが閉まりだす。写真を何枚か撮影していると、美しくスタイルのよい美女が千林商店街の改札を出たと同時に「本日21時から面接させてもらう者なんですが、今、千林駅に到着しました」と電話をしている。21時から面接とは夜のお仕事なのだろう。

 

takiishinchi_201309_05
改札から左方向へ歩くとまた同じような路地裏がある。夜の裏道は迷路のようになっていて、建物の並び方はチグハグで道に大きくせり出した飲食店がある。

 

takiishinchi_201309_06
どこの店も客の出入りはよさそうである。この周辺で一杯交わし、その後は皆、滝井新地を目指すのだろうか?
裏路地は中華料理屋やお菓子屋、美容院にすし屋、洋食屋と入り混じりジャンルが幅広い。若い衆を5人ほど引き連れた強面の大柄な酔っ払いの男が居酒屋の前で「え~!?入れへんの?客でいっぱい!?頼むわ〜〜、入れて〜な〜」と無理なお願いをしている。

 

takiishinchi_201309_07
商店街へ戻り、駅裏の方へ向かうと立派な本屋がある。
21時過ぎ頃には次々に商店街のシャッターが閉まってゆく。

 

takiishinchi_201309_08
もう一度、路地裏の飲み屋街の方へ脚を運ぶと、入りやすい立地の良い料理屋がわたしを出迎えた。
わたしの顔を見るなり「お一人?」と三回尋ねられた。わたしは「一人です」と答え店のオヤジと対面のカウンターへ腰掛けると、対面に座っていたオヤジが「今日は何しにきたん?」と注文する前に、わたしに話しかけてきた。おもしろいオヤジだ。オヤジはカウンター越しに焼酎を引っ掛け少し酔っ払っているようだ。わたしは情報収集の為経緯を語った。

 

「滝井新地!?まだやってんのかいな?」滝井新地の昔を語るオヤジは驚きの表情で語ってくれた。

takiishinchi_201309_09

「20年ほど前にもなるかな?昔は○○組と○○組のトップがよく飲みにきてたわ。二人とも亡くなってから情報が全然なかったんやけど…滝井新地や本番スナックで働く女の子もよう飲みにきてたもんやで。チンピラが電話受けて、斡旋しとったな~。ポン引きで何回も捕まるオバちゃんもおったで」
目と鼻の先に遊郭があるのだから、千林商店街かつてはさぞ滝井新地の恩恵を受けていたのだろう・・・。
飲み屋を出た後、千林駅から滝井新地へ向かう線路沿いで、薄暗い路上に椅子を出し座るオバちゃんが…。
これが属に言う「裏滝井」である。営業しているオバちゃんは3名ほど。アンダーグラウンド感が凄い。

 

takiishinchi_201309_10
近寄るとやさしそうなおばあちゃんが話しかけてくる。
「30分15,000円やで~女の子は間違いない子とデキルるからな。ホテルは千林駅の裏のホテルを使ってな」
料金は滝井新地より2,000円も高額である。おそらくホテル料金は別だろう。
裏滝井の営業時間は21時~深夜1時くらいで、最近はめっきり客が減り細々と営業をしているようだ。
「営業時間は21時くらいから、深夜2時の時もあるで、お客さんしだいや。」
料金が滝井新地より高いと伝えると、ポン引きのおばちゃんは
「滝井新地の方が安いから行ってみたら」
と助言を頂いた。平成の時代に明治、昭和を生き抜いたおばちゃんは人情でポン引き商売をしているのだろうか。
妖しい風陰気の線路沿いを秋の風を纏ながら滝井新地に向かった。

 

千林商店街から滝井新地へ行くにはまず、スーパー玉出のゲートをくぐる。寂寥感が漂う栄通商店街を少し歩くと「庶民の味方」蛍光の光が下品なスーパー玉出が顔を出す。玉出を左手、玉出の駐輪場を右手に見てそのまま真っ直ぐ歩くと線路が出てくる。
ほとんど街頭はない。スーパー玉出が左手になるように真っ直ぐ歩くと暗闇にひっそりと営業する滝井新地がぽつりと出る。

 

takiishinchi_201309_11
現在も営業を行っている料亭は8件。玄関先には呼び込みのオバさん達。「お兄ちゃんこっちやで」
少し見学すると女の子の器量は上がっている。8件目を過ぎると滝井新地の外灯が終わりまた薄暗くなっていく。外灯はほぼなく暗黒に近い道を円を書くようにぐるりと回ると右手にスナックが出てくる。

 

takiishinchi_201309_12
一目で分かる老衰しきったスナック。千林商店街の繁栄とは雲泥の差である。40年前の全盛だった面影は無くかつて飲み屋街の活気はやはりなかった。
2年前、目印であったはずのすし屋は完全撤去されていて、スナックの跡地は新築の民家になっていた。もうスナックはここには存在せず、ただひっそりと過去の栄光を表すかのような老衰した赤いテントのスナックが佇んでいるだけだった。

 

今後、この新地が7年後に開催されるオリンピックの影響でかつてのにぎわいを取り戻すのかわたしは密かに興味を持っている。(2013年9月)

 
(文・鳥飼順一)

 

菊ノ丞が行った!!滝井新地(2013年度版)

takiisinnti_20滝井新地で30代前半エロ女と本番中出しいけるかな?/風俗中毒、菊ノ丞がイク!

2014年7月再び訪れた滝井新地

takii-shinchi_report01関西五大新地最大の穴場 滝井新地に行ってきました

ライタープロフィール

かんない 次郎

かんない 次郎

かんない太郎の弟分。かんない.net編集長。経費を使っての風俗遊びが得意。生涯現役風俗ユーザー!!

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店
PICKUP!コラム!!
その他おすすめ風俗店