アダルトから風俗店と風俗裏情報まで、風俗(エロ)に まつわる事なら何でも記事にしちゃう異色のコラム系サイト「かんない.net」

かんないnet
広告募集中

合法ドラッグの販売業

2011年04月14日(木)


◆精力剤の中味は、本当に“バイア○ラ”かって?さあ、どうでしょう。でも、合法ドラッグは、儲かります。

北柴卓巳さん(仮名、34歳)の本業はサラリーマンだ。

だが、副業の精力剤や合法ドラッグの通販で年収1000万円を稼いでいる。実際、本業よりも、副業の稼ぎのほうが多いという。


北柴さんが、最初に目に付けたのは、精力剤だ。

「知り合いが、バイア○ラの在庫を大量に抱えてまして。それを売りさばく仕事を手伝ってたんです。不思議なもので、宣伝媒体によって反響が違うんですよね。週刊誌Aは広告を出すと反響があるけど、週刊誌Bはまったく効果がなかったり。やはり読者層ですかね。ヤクザ記事の多い雑誌に広告を出すと、意外と反響があることも知りました。そうやって、いろいろ勉強したんですよ。そんな中で、わかったことが一つあったんです」

こういう薬は、欲しい人は必ず金を出すということ。薬に頼ろうとする人間は、そこに弱点があるので、弱点を克服しようと、財布からお札をガッポリと出すってわけ。頭の薄い人が育毛剤に金を出すのと一緒で、精力剤も同じ。それが分かったらしい。

怪しげな薬の中で、ここ数年で売上げが最も伸びているのは精力剤だ。北柴さんはそこに目をつけ、現在、インターネットで合法ドラッグや精力剤を通販している。

「ホントによく売れるんですわ。僕の本業はシステム開発のサラリーマンです。サイトも自分で制作しました。今では副業の通販で本業を超える収入を得てます。まさか、こんなに儲かるとは予想もしてませんでしたけどね」

北柴さんの場合、たまたま知り合いの在庫処理の“バイア○ラの販売”がきっかけだった。それから並行輸入の代行業を始め、ついでに他の合法ドラッグ輸入にも手を出した。


◆個人差はあるけど、中高年のお客さんは値段の高い精力剤を好む

実はバイア○ラも、まがいものが出回ったりしている。一般の人には分からないが、何度も飲んでいる人は、まがいものをすぐ見抜く。販売業者もニセモノを売ると、かえって自分の首を絞めることになる。あそこは、ニセモノを売っていると、すぐに噂が広まるからね。

「僕がやっている通販サイトでも、精力剤は売れ筋商品なんです。最新の精力剤は本当に“効く”ようですよ。もちろん個人差はあるでしょうけど」

厚生労働省のホームページによると、ここ数年、精力剤から薬事法に抵触する薬物の検出が相次いでいる。成分名はクエン酸シルデナフィル、つまりバイア○ラの成分だ。バイア○ラを薄めて混入して商品化した精力剤が中国から大量に輸入されているらしい。

「摘発された商品名とパッケージだけ変更して再販するんですよ。不思議なことに、中高年のお客さんはバイア○ラの効果を知っていて、値段の高い精力剤を好むんですね。そういう人は、色んなモノを試すし、合法ドラッグも同じですよ。もっとも、僕は売っているだけで、飲んだ経験はありません。一度飲むと病み付きになるのが怖いしね。でも、売ります。稼げるうちに稼ぎたいですから」

 

 

ライタープロフィール

かんない 次郎

かんない 次郎

かんない太郎の弟分。かんない.net編集長。経費を使っての風俗遊びが得意。生涯現役風俗ユーザー!!

関連記事(このカテゴリ内)

この記事のネタのタレコミを募集します。



※女の子の記事なら、体験談の感想、ココを詳しく教えて欲しい!!など…・

※コラムなら、ネタのタレコミ、コラムにして欲しい題材!!絶賛募集しています!!

かんない.net編集部と一緒に裏情報を発信しませんか??

コメントを残す

※必須

CAPTCHA


おすすめ優良店